“しんひと”の漢字の書き方と例文
語句割合
清人100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし此両説は相悖らぬかも知れない。何故と云ふに長崎にゐた清人は来去数度に及んだ例がある。文化六年に江が初て来た時は、逸雲は猶かつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
春風頼惟疆の来り訪ふに会した。清人にして蘭軒と遊んだものには、先づ伊沢信平さんの所蔵の蘭軒文集に見えてゐる張秋琴がある。次に程赤城があり、胡兆新があると、歴世略伝に見えてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)