“しんはなつみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
新花摘100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蕪村は狐狸怪をなすことを信じたるか、たとい信ぜざるもこの種の談を聞くことを好みしか、彼の自筆の草稿新花摘は怪談を載すること多く、かつ彼の句にも狐狸を詠じたるもの少からず。
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
蕪村は狐狸を為すことを信じたるか、縦令信ぜざるもこの種の談を聞くことを好みしか、彼の自筆の草稿『新花摘』は怪談をすること多く、かつ彼の句にも狐狸を詠じたる者少からず。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)