“しんせきへき”の漢字の書き方と例文
語句割合
新赤壁100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新赤壁は左にあった。その前を昔の中仙道が通って、ひとつうねると岩屋観音がある。白い汚れたが見える。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
新赤壁の裾を幾折れして、岩屋観音にかかる。漢画風の山水である。トンネルがあり、橋がある。はやや沿岸を離れて畑と雌松の林間にる。農家がある。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)