“しろむくてっか”の漢字の書き方と例文
語句割合
白無垢鉄火100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何をったって、お前さん、見かけによらねえ白無垢鉄火だ」
大菩薩峠:36 新月の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
内儀は、白無垢鉄火の「知らずのお」。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)