“しろうまあさつき”の漢字の書き方と例文
語句割合
白馬浅葱100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葱平はの生ずる斜面という程の名であろう。それも可なり急な斜面である。葱というのは白馬浅葱のことである。
白馬岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
雨にさいなまれ風に虐げられながらも、自然のなる草木の姿よ。皆は荷を投げ出してそこらを歩き廻った。得撫草や、白馬岳では殆ど絶滅に瀕した白馬浅葱の多いのが人目を惹いた。
北岳と朝日岳 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)