“しろうち”の漢字の書き方と例文
語句割合
城内100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
端に近づくに、城内矢留両小学校の生徒、既に旧藩侯邸の前に整列して我が一行を迎ふるあり。雨中三時間の余も佇立したりきと。
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
裏堀は藻をかいくぐる居りて遥けきは啼けり城内らしも
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)