“しらはげ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:シラハゲ
語句割合
白兀100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平均二千六百米以上の高度を維持しているにらず、北半は殆ど三千米の劒岳から急転直下して二千三百八十七米の白兀となり、直径一里に足らざる距離の間で六百米余も低くなっている。
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
流石にこれは劒の後衛だけに鋭い圭角が大鋸の歯を刻んでいる。大窓の北は白兀、赤兀の奇醜な円頂から、白萩、赤谷と緩く波を打った山稜が小黒部谷の西を限って、直ぐ前の猫又山の蔭に隠れる。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)