“しらねあおい”の漢字の書き方と例文
語句割合
白根葵100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また河に下りた、そして朽葉の積った陰湿な崖腹に白根葵の大きな花を見出した時には、爪先に引懸った小枝と共に満腔の不平をさらりと水に流して仕舞った。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
白根葵小岩鏡、白い花の撫子日光黄菅、白花石楠などが花盛りで、一見お花畑のようである。此処から瞰下すると幽ノ沢の全渓が雪で埋められているのが分った。
利根川水源地の山々 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)