“しらげし”の漢字の書き方と例文
語句割合
白芥子100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人おわしたる、いずくの里の女性やらむ、髪高等に結いなして、姿も、いうにやさしきが、いと様子あしく打悩み、白芥子一重の散らむず風情。……
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
可心の無事はもとよりですが、ここでこの船に別条が起って、白芥子の花が散るのではないか。そのゆうなる姿を、明神に祭ったのではないだろうか、とはっとしました。
河伯令嬢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)