“しらけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白気100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それであるのに、三人目の男はとんでもなく白気きった顔つきで、「いや二百株ばかり、それもごくありふれた、種類の悪い躑躅が植えてある荒地のような家敷跡ですよ」
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
こんな場面を見せ付けられたカフェーの中はすっかり白気渡ってしまった。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)