“しらあわだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白沫立50.0%
白泡立50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白沫立つてたぎり流るゝ川に臨むのであるから、緑蔭水聲、おのづから兩袖に清風を湧かす概があつて、名も餘り高く無いところだが、小じんまりして溪谷美のあることを感じさせられる。
華厳滝 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
強い南風に吹かれながら、乱石にあたる白泡立つ中へ竿を振ってを打込むのですから、釣れることは釣れても随分労働的の釣であります。
幻談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)