“しよくしやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
食傷100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
講演にはもう食傷した。当分はもうやる気はない。北海道の風景は不思議にも感傷的に美しかつた。食ひものはどこへたどり着いてもホツキ貝ばかり出されるのに往生した。
講演軍記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「ウ、へエ——、今日は馬鹿野郎の食傷だ。昨夜夢見が惡かつたよ」