“しょくしょく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ショクショク
語句割合
喞々50.0%
謖々50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春雨秋風人のうなく、謖々たる松声は、日本男児の記念たる桜花の雪に和して吟じ、喞々たる虫語は武蔵野の原より出でて原に入る明月の清光を帯んでぶ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
春雨秋風人のうなく、謖々たる松声は、日本男児の記念たる桜花の雪に和して吟じ、喞々たる虫語は武蔵野の原より出でて原に入る明月の清光を帯んでぶ。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)