“しょくけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喰気50.0%
食気50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
為に欝を忘れ、喰気は追々増加して、一層の快を覚えたるを以て、彼家を去るに至れり。爾後は漸次に喰量を増し、食後の胃痛も無くして、心身復常せり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
「ご食気がおありなさいませんようで、夕食はおさげになりました」
雪間 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)