“しょうぶのぼり”の漢字の書き方と例文
語句割合
菖蒲幟100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
菖蒲幟木綿切等を集めさせ、熱田の者に竹棹をつけて一本ずつ持たせ、高い処に指物の様に立たせて、擬兵をつくった。
桶狭間合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
より熱田中へ触れなまわして、五月の菖蒲幟七夕門竹、その他、何にてもよい、敵の遠目に旗差物と見ゆるように仕構えて、木々の梢も、丘の上も
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)