“しょうひせけんおん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
勝彼世間音50.0%
勝被世間音50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかも「妙音観世音梵音海潮音勝彼世間音」を唱えた後、「かっぽれ、かっぽれ」をうたうことは滑稽にも彼には勿体ない気がした。
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
勝被世間音 是故須常念 世俗の雑音の上をおおうて衆生の呼ぶのに応ぜんとする故に、人々は常に観音を念ずべきだ。
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)