“しょうすいか”の漢字の書き方と例文
語句割合
小翠花100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう云えば今でも忘れないが、小翠花梅龍鎮を演じた時、旗亭の娘に扮した彼はこの閾を越える度に、必ず鶸色褲子の下から、ちらりと小さな靴の底を見せた。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
私が速成の劇通になったのは、北京へ行った後の事である。しかし上海で見た役者の中にも、武生では名高い蓋叫天とか、花旦では緑牡丹とか小翠花とか、兎に角当代の名伶があった。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)