“しょうくん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
松君50.0%
湘君50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松君。それは君の認識がちがう。蜀の辺隅にいるため、如何せん、君の社会観も人物観も、ちと狭い。丞相の大才は、とうていおわかりになるまい」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
秋風嫋々と翼をで、洞庭の烟波眼下にあり、はるかに望めば岳陽の灼爛と落日に燃え、さらに眼を転ずれば、君山、玉鏡に可憐一点の翠黛を描いて湘君をしのばしめ
竹青 (新字新仮名) / 太宰治(著)