“しょうきせん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
小汽船50.0%
正喜撰50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ヘリコプターに向って、発火信号をしているのは淡路の島かげに停泊した、三百トンくらいの小汽船、その名を黒竜丸という。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
戸棚から、「正喜撰」をとりだすと、急須に茶を入れた。茶托を二つ、茶盆にのせ、座敷へ運んだ。猫が二匹ついて来た。息子の前に坐ると、一つをさしだした。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)