“しょううし”の漢字の書き方と例文
語句割合
正丑100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正丑の刻の振鈴に床を蹴って起き上ることも、あまり苦痛ではなくなった。午前午後の作務、日中諷経、念経、夜座も、日常の生活になってしまった。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
破風を開けて顔ばかり出しましたとさ、厭じゃありませんか、正丑の刻だったと申します
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)