“しもはんしん”の漢字の書き方と例文
語句割合
下半身100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絶えず体に波を打たせていた蛇の下半身が、ずばたりと麦門冬の植えてある雨垂落の上に落ちた。続いて上半身が這っていた窓の鴨居の上をはずれて、首を籠に挿し込んだままぶらりと下がった。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)