“しぶえむら”の漢字の書き方と例文
語句割合
渋江村100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生と安の話から、渋江村司馬寮の焼け跡というのを小耳にはさんだが、そこに何ごとかあって、先生はとんでいったものとみえる。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
お蓮様と丹波が、腹心の者十数名を引き連れて、近頃、この向島を遠く出はずれた渋江村に、それとなく身をひそめて何事か画策していることを。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
さっき番太郎が、火事は渋江村、剣術大名司馬さまの御寮——といったのが、妙に耳についていてはなれない。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「チェッ! 火事は渋江村、ときやがら。こちとら小石川麻布は江戸じゃアねえと思っているんだ。しぶえ村とはおどろいたネ。おどろき桃の木山椒の木……」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)