“しのびゆ”の漢字の書き方と例文
語句割合
微行100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は深い編笠の紐を結びながら、桜井の宿を出て初瀬河原の方へ行く。天はうすら曇って月はおぼろのようだ——かの仮橋を渡って微行しのびゆく机竜之助はどこへ行くつもりであるか。