“しおとうじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
潮湯治66.7%
塩湯治33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
320x100
潮湯治しおとうじ(海水浴のこと)に名古屋から来る客は、たいてい汽車で半田はんだまで来て、半田から知多ちた半島西海岸の大野や新舞子まで人力車でゆられていったもので、岩滑新田はちょうどその道すじにあたっていたからである。
おじいさんのランプ (新字新仮名) / 新美南吉(著)
家老職池田出羽でわに面会して、内密に落胤の事を談じ、表面は浪人御召抱えの嘆願という手筈を定めていたが、生憎あいにくその池田出羽が、天城屋敷あまぎやしき潮湯治しおとうじの為出向いているので、今日か翌日あすかと日和を見ていた。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
明治十四年の夏、当時名古屋鎮台につとめていた父に連れられて知多ちた郡の海岸の大野とかいうところへ「塩湯治しおとうじ」に行った。
海水浴 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)