“ざわめき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
騒響66.7%
噪音33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
法水は騒響ざわめきの鎮まるのを待って、草稿を読みはじめた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そして夫人に急を告げるやらの騒響ざわめきの間に
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
葉摺れの噪音ざわめきに入り交って、微かに、軽く触れた三角錘トライアングルのような澄んだ音が聞えるのだけれども、その音はまさしく、七葉樹とちのきで囲まれていて、そこには何ものもないと思われていた、裏庭の遙か右端の方から響いて来るのだった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)