“こふなちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
小舟町100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
師匠の家では、万一を気遣い、日本橋小舟町こふなちょう金屋善蔵かなやぜんぞうというのへ、妻君と子供だけは預けようということになり、私が妻君のともをして立ち退きましたが、浅草見附へ行くと、番兵がいて門はまって通ることが出来ない。