“くんしょく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
勲職50.0%
薫色50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実際の力も物もない、その尊厳を、守るためだけに、無数の雲上人うんじょうびとは、衣冠いかんを正し、位階勲職くんしょくの古制度だけをやかましく詮議せんぎしていた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「されば、季節は冬、百味の珍饌ちんせんあるも、一花の薫色くんしょくもないのは、淋しくありませんか。左慈は、卓の花を献じようと思います」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)