“ぎゃくて”の漢字の書き方と例文
語句割合
逆手100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取り付きようもない娘の心にせめて親子の肉情を繋ぎ置き度い非情手段から、翁はのろいという逆手ぎゃくてで娘の感情に自分を烙印らくいんしたのだったが、必要以上に娘を傷けねばよいが。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「ばかをいうな。今さら魏の恩にそむいて、蜀に降服などできるものか。むしろ君がそういう秘命をうけてきたのを幸いに、はかりごとの裏を掻いて、孔明に逆手ぎゃくてを喰わせてやろうじゃないか」
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR