“きりきざ”の漢字の書き方と例文
語句割合
切刻100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
 の上で切刻まれ、にもかかる処を、神様のような旦那様に救われました。その神様を、雪が積って、あのヶ岳へあらわれる、清い気高い、白い駒、空におがんでいなければならないんだのに。
錦染滝白糸:――其一幕―― (新字新仮名) / 泉鏡花(著)