“きよすみちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
清住町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千束町、清住町龍泉寺町———あの辺一帯の溝の多い、淋しい街をくさまよって見たが、交番の巡査も、通行人も、一向気が附かないようであった。
秘密 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)