“きょねんじゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
去年中100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田崎と車夫喜助が鋤鍬で、雪をかきけて見ると、去年中あれほど捜索しても分らなかった狐の穴は、冬も茂る熊笹にありあり見えすいて居る。いよいよ狐退治の評議が開かれる。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)