“きょきょく”の漢字の書き方と例文
語句割合
踞跼100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの狗子白毛にて黒斑惶々乎とし屋壁に踞跼し、四肢を側立て、眼を我に挙げ、耳と尾とを動かして訴えてやまず。その哀々諦観視するに堪えず。彼はたして那辺より来れる。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)