“きょうみん”の漢字の書き方と例文
語句割合
怯民100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお、元寇の国難のような場合では、なおさら、時の先達は、民の多くのものの憤怒を身に具足し、民の中に懦民怯民を、羅刹の鞭をもて打つことでもなしわないわけはない。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)