“きょうひょうびょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚有縹緲100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
魂が裳抜れば一心にとする所なく、居廻りに在る程のもの薄烟に包れて虚有縹緲に漂い、有るかと思えばあり、無いかとえばないに、唯一物ばかりは見ないでも見えるが
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)