“きょうしゅだい”の漢字の書き方と例文
語句割合
梟首台100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひとりは年のころ四十左右、連れはまだ十七、八かとみえる初々しい女性が、いずれも被衣して忍びやかにそこの梟首台の前へ来てじっと果てなくたたずんでいるさまだった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)