“きゅうへき”の漢字の書き方と例文
語句割合
窮僻100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
乾艮二方の繁栄は到底自分等の居を営むを許さざるを述べ、六条以北、窮僻の地に、十有余を得たのを幸とし、隆きに就きては小山をり、窪きに就きては小池穿
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)