“きゅうきち”の漢字の書き方と例文
語句割合
久吉100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
助手の久吉も、懶気に、さっきから、ひくひくと動く気圧計の、油じみた硝子管を見詰めながら、咽喉を鳴らした。
鉄路 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)