“きゃはんが”の漢字の書き方と例文
語句割合
脚半掛100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よほど遠くから出て来るものと見え、いつでも脚半掛尻端折という出立で、帰りの夜道の用心と思われる弓張提灯を腰低く前で結んだ真田の三尺帯のッぺたに差していた。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)