“きゃっかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
卻回100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く何ぞ下り去らざると、山遂に珍重してげて出で、外面の黒きを見て、卻回して云く、門外黒しと。潭遂に紙燭を点じて山に度与せむとす。山接せむとするにって潭便吹滅す。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)