“きもつぶ”の漢字の書き方と例文
語句割合
胆潰100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胆潰れたれど心をめ静かにあたりを見廻すに、流しの水口の穴より狐のごとき物あり、をさし入れてに死人の方を見つめていたり。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)