“きむらながとのかみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
木村長門守100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絵草紙や講談師の筆記にある木村長門守が茶坊主のためにを受けたとき、ってこれを斬りつることは、なんらのめんどう手数もなかったであろうし、また女子供らの喝采を博するためには
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)