“きぶと”の漢字の書き方と例文
語句割合
着肥100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五人目の客は年の若い仏蘭西文学の研究者だった。自分はこの客と入れ違いに、茶の容子いに行った。するともう支度の出来た伯母は着肥った子供を抱きながら、縁側をあちこち歩いていた。
子供の病気:一游亭に (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)