“きふせん”の漢字の書き方と例文
語句割合
急箭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は「時」にかれ尽くして古時を思ひ、これは「時」に弄せらるゝを知らずして空望を懸く。気ち骨きものすら多くは「時」の潮流に巻かれて、五十年の星霜急箭の飛ぶが如くに過ぐ。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)