“いしゅげんか”の漢字の書き方と例文
語句割合
意趣喧嘩100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
武蔵にこの開悟を与えたことに依って、一乗寺下り松の果し合いはただの意趣喧嘩いしゅげんかとはちがう一つの意味を持ったものと僕はそう解釈する。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
意趣喧嘩いしゅげんかをして、高家を斬ったというか。馬鹿なっ、何というたわけ者だ。しかも、勅使登城の目前に不埓ふらち至極しごく但馬たじまを呼べっ』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)