“家鴨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あひる98.1%
あいがも1.0%
しゃも1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬や牛や羊はいうに及ばず、鶏や家鴨あひるなどの鳥類や、それから気味のわるいへびわに蜥蜴とかげなどの爬蟲類はちゅうるいを入れた網付の檻もあった。
火星探険 (新字新仮名) / 海野十三(著)
または藝者や素敵な美人や家鴨あひる……引ツくるめていふと、其等の種々の人や動物や出來事が、チラリ、ホラリと眼に映ツてそして消えた。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
あるいはそれが一段細かくなって家鴨あいがもよりほかに食わせない店もある。しまいには鳥の爪だけ食わせる所とか牛の肝臓だけ料理する家ができるかも知れない。分れて行けばどこまで行くか分りません。
道楽と職業 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
春「まアい、仕方がないが、家鴨しゃもばかりでは喰えねえ、向河岸むこうがしへ往って何かさかなを取って来たまえ」