“借家人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゃくやにん50.0%
しやくやにん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし火災に対して少しでも安全なのは、このほかにはなく、ことに市民の半分は借家人しゃくやにんであったために、家は焼けるものと始めからきめてしまって、火事があると身のまわりの物を持って、さっさとにげて立退たちのくさんだんばかりしていた。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
夫から此藤野の親類の何とか云ふ男は、自分の持つてゐる貸家かしや敷金しききんを、つい使つかつて仕舞つて、借家人しやくやにん明日あす引越すといふ間際になつても、まだ調達が出来ないとか云つて、矢っ張り藤野から泣き付いてた事がある。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)