“じゃ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
87.3%
5.2%
4.5%
1.5%
0.7%
転戯0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そいつは気の毒だ。岡っ引だって鬼やじゃじゃねえ、早くそういって来さえすれば、何とかお前一人の身の振り方ぐらい考えてやったのに——」
かうなると、探索の範囲もよほど広くなるわけであるが、流石さすがじゃの道はへびで、手先は、づ近所の新宿に眼をつけた。
赤膏薬 (新字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
弟定次郎がじゃの道はへびで支倉の悪事に感づいた事が、思えばこの事件の起る原因だったのだ。支倉は彼の脅迫を恐れて貞を殺したのだろうか。
支倉事件 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
こんな一通りの意見は、逆上のぼせ切っている清吉の耳に這入ろう筈がありません、じゃでも刺青をしてくれ、それでなければ男の一ぶんが立たない。
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その心のじゃにして、その計りのけんなることかくのごとし。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
じゃが栄えて正がしいたげられるという・ありきたりの事実についてである。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
と追ってみたが、同一おなじ処をちょっとも動かず、四足をびりびりと伸べつ、縮めつ、白いつらを、目も口も分らぬ真仰向まあおむけに、草にすりつけ擦つけて転げる工合ぐあいが、どうもいぬころのじゃれると違って、焦茶こげちゃ色の毛の火になるばかり、もだくるしむに相違ござらん。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一つは駆けて来てまりじゃれている。
客は其音が此へ自分の尋ねて来た時、何処からか敏捷びんしょうに飛出して来て脚元にじゃれついた若いいぬの首に着いていた余り善くも鳴らぬ小さな鈴の音であることを知った。
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
其の古雅にして、上手な人が吹きますと修行じゃとは思われませんような音色でございます。
だが、釘勘は迷う風もなく、三じゃ権現ごんげんの広前をスタスタと斜めに急いで、矢大臣門の所でヒョイとうしろを振向いた。金吾の足が、おそいので、早く、と目でいているあんばいでした。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つちに砕けた飴の鳥の鶯には、どこかの手飼の、の首玉した小猫が、ちろちろとすずを鳴らしてからんで転戯じゃれる……
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)