“高鍋藩秋月家”の読み方と例文
読み方割合
たかなべはんあきづきけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上杉家の若き主君、弾正大弼治憲高鍋藩秋月家の二男にうまれ、十歳のおり上杉家へ養子にはいった。
日本婦道記:不断草 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)