“驟馳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅうち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“驟馳”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 論文集・評論集・講演集5.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
イタリアのごときはローマ帝国没落以来群雄鹿を逐い、千兵万馬の驟馳しゅうちするところ万目一手、みなもってその大いに欲するところを逞しゅうせんと欲するものあるがためなり。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)