“零落者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おちぶれもの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“零落者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
恰もそれは雑草に埋れた破家あばらやの感じで、得体の知れない蔓草に窓も壁も蔽われて、更にこの宿泊所の陰鬱な零落者おちぶれものの蔭を濃くするために、葉の繁ったアカシヤの木立が深々と枝を垂れていた。
放浪の宿 (新字新仮名) / 里村欣三(著)